ネット上の誹謗中傷に対応する方法を知っておこう

オリジナル見出し01

ネット上で活動するときには、ネット上で行われる謂れのない誹謗中傷に対してきちんとした対応をとることが出来るように準備しておかなくてはいけません。

誹謗中傷は、放置しておくと実際に中傷された人が損をするようになっているためなるべく早い段階で対策をとらなくてはいけないのです。



これは、個人だけではなく会社の経営を通しても同じことが言えます。



誹謗中傷があったときには、まずその中傷があったSNSの管理者に対して通報する人が多いです。

しかし、SNSを管理している人は警察などの公的な機関からの要望でない限り滅多なことでは該当するコメントを消すことはありません。



そのため、別の手段で対応することが大事なのです。
最も確実な方法は、誹謗中傷されたことを弁護士に相談することです。


実は、弁護士は匿名のネット上の掲示板であっても中傷した人物を特定することが出来る手段を有しています。


こうした手段のことを情報開示請求権と言います。



運営している人に対して直接的に要求することはもちろん、そのサイトを管理しているプロバイダに対して直接要求することもできるためかなり高い確率で中傷をした人物を特定することが出来ます。



仮に、特定に成功しなくても当該コメントを反社会的な要素が含まれているものとして削除してくれる可能性が非常に高くなるのです。
法律的にまずい要素があれば相手も間違いなく応じてくれるため、弁護士に相談すると問題を早く解決できます。



関連リンク

  • タイトル21

    かつては、誹謗中傷と言うと、同僚やご近所間でのトラブルが原因で起こっていましたが、最近では、面識の無い相手に対しても、誹謗中傷を行い、相手を悩ます場合が増えています。インターネット上だけや、メールのやり取りだけで、友人関係が成立してしまう現代では、一度も会った事が無い相手にも、様々な個人情報を自分の手によって流出させてしまっている場合があります。...

  • タイトル22

    現代は、スマートフォンや携帯電話が多く普及されています。友達や恋人と繋がるコミュニケーションツールとして、とても便利な反面で特定の誰かを誹謗中傷するような人がいることも事実です。...