ネット上で行われる誹謗中傷

オリジナル見出し01

かつては、誹謗中傷と言うと、同僚やご近所間でのトラブルが原因で起こっていましたが、最近では、面識の無い相手に対しても、誹謗中傷を行い、相手を悩ます場合が増えています。

インターネット上だけや、メールのやり取りだけで、友人関係が成立してしまう現代では、一度も会った事が無い相手にも、様々な個人情報を自分の手によって流出させてしまっている場合があります。会った事が無い相手でも、メールや電話などで親しくなって信用してしまい、自分の画像を送信してしまう若い世代が、とても多いです。



中には、相手に言われるままに、自分の裸の画像を送信してしまい、悪用されるケースもあります。



一度流失してしまった画像は、デジタルタトゥーと呼ばれ、インターネット上で完全に削除する事が、とても難しくなってしまいます。



また、メールなどの文字だけでコミュニケーションと取っていると、相手からの文章を自分都合だけで解釈してしまうので、誤解が生じ易い環境になってしまいます。



些細な言葉から、誹謗中傷されるようなトラブルに発展してしまい、当事者以外の人々からも誤解されてしまう場合があります。



勿論、誹謗中傷を行う相手が悪いのですが、これらの誤解やトラブルを発生させないようにするには、相手だけでなく、自己防衛も必要な手段です。
メールだけのやり取りの時には、意思の確認を行う気遣いや、面識の無い相手を、過度に信用し過ぎないなど、意識して防衛しなければなりません。



関連リンク

  • タイトル21

    現代は、スマートフォンや携帯電話が多く普及されています。友達や恋人と繋がるコミュニケーションツールとして、とても便利な反面で特定の誰かを誹謗中傷するような人がいることも事実です。...

  • タイトル22

    ネット上で活動するときには、ネット上で行われる謂れのない誹謗中傷に対してきちんとした対応をとることが出来るように準備しておかなくてはいけません。誹謗中傷は、放置しておくと実際に中傷された人が損をするようになっているためなるべく早い段階で対策をとらなくてはいけないのです。...