誹謗中傷対策を考える

オリジナル見出し01

現代は、スマートフォンや携帯電話が多く普及されています。


友達や恋人と繋がるコミュニケーションツールとして、とても便利な反面で特定の誰かを誹謗中傷するような人がいることも事実です。顔が見えないこともあり、書き込みが過激になっていくことも考えられます。



特定の企業の誹謗中傷を行うと、企業の信用度が落ちてしまい、客離れが起きてしまうこともあります。


根拠のない悪口を書き込んだり、個人的に恨みを持った会社などの誹謗中傷をすることは犯罪です。
また、特定の個人についてブログなどに、悪質なコメントを残したりする人もいます。



根も歯もない噂を立てたりして、人の尊厳を陥れようとすることは、とても卑劣な行為です。

誰がいつ、このような被害に遭ってしまったとしてもおかしくはない世の中です。
誹謗中傷を書き込まれる状況としては、個人的に何か恨みを持たれるような出来事があった時や、恋人との別れなどが考えられます。


時々は自分の名前で検索して、悪いことが書かれていないか、ブログに悪質なコメントが残されていないかチェックしておきましょう。



すぐに気づかないと第三者に見られて、状況が悪化してしまう場合がありますので、なるべく早く気づく為に、周りの家族や友達にも変な書き込みが書かれていたら、教えてもらうようにお願いすることが大事です。



もし、誹謗中傷された場合には、プロバイダの会社に連絡して、削除要請をしましょう。



誰が書き込みをしたのか、調べてもらうこともできます。



関連リンク

  • タイトル21

    ネット上で活動するときには、ネット上で行われる謂れのない誹謗中傷に対してきちんとした対応をとることが出来るように準備しておかなくてはいけません。誹謗中傷は、放置しておくと実際に中傷された人が損をするようになっているためなるべく早い段階で対策をとらなくてはいけないのです。...

  • タイトル22

    かつては、誹謗中傷と言うと、同僚やご近所間でのトラブルが原因で起こっていましたが、最近では、面識の無い相手に対しても、誹謗中傷を行い、相手を悩ます場合が増えています。インターネット上だけや、メールのやり取りだけで、友人関係が成立してしまう現代では、一度も会った事が無い相手にも、様々な個人情報を自分の手によって流出させてしまっている場合があります。...