誹謗中傷された時にするべきこと

オリジナル見出し01

現代ではパソコンやスマートフォンなど、気軽に匿名で個人の思いを書き込めるサービスが多いです。



色々な繋がりができるメリットもある中で、人を傷つけるような誹謗中傷を書き込む人もいます。

匿名で誰が書き込んだのかわからない点が、とても悪質であり、絶対に許されることではありません。
誹謗中傷とは、特定の個人が第三者にわかるような書き込みで、悪口など個人の信用を陥れるようなことを書き込むことです。誰にも見られたくないような、個人情報や写真などを掲載することもいけないことです。
今の世の中では、誰がいつ被害に遭ったとしてもおかしくはありません。



恨みを持たれたり、恋人との別れの後などに被害に遭う場合もあります。
そのような被害に遭った時には、すぐに気づくことが大事です。放置しておくと、被害が更に広がってしまうかもしれません。



まず、インターネットなどで、自分の名前を検索して何か書かれていないか常に確認しておくことが大切です。友人などにも、掲示板やブログなどに、悪いことを書かれていたら、教えてもらえるように頼んでおきましょう。

もし、書かれていたなら証拠を保存することが大事です。



後々、法的手段を取ることにした場合にも、保存してある証拠は有利になります。



そして、すぐにホームページの運営者に連絡をして、誹謗中傷の内容を削除してもらいましょう。
書いた人が全くわからない場合には、警察へ相談に行ってみることです。



悪質な場合は、書いた相手を調べることができます。

関連リンク

  • タイトル21

    大型匿名掲示板では個人、企業を問わず誹謗中傷が行われています。また、この匿名掲示板の個人の炎上問題、企業の悪評を話題にしたスレッドやそれに関するレスを編集し、ブログに掲載しているまとめブログまで存在しており、匿名掲示板だけに削除依頼をすれば解決という訳にはいきません。...

  • タイトル22

    現代は、スマートフォンや携帯電話が多く普及されています。友達や恋人と繋がるコミュニケーションツールとして、とても便利な反面で特定の誰かを誹謗中傷するような人がいることも事実です。...